ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみケアの方法や注意点を紹介

ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみケアは出来るのか?

あそこの黒ずみケアの1つに、ハイドロキノンを使った方法があります。比較的有名な解消法の1つですが、知らないという方はどのような成分かチェックしてみてください。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」の別名を持つ程、強い美白力が望める成分です。欧米諸国では馴染みのある成分で、実際海外では多くの実績があります。

薬事法により国内では濃度制限がありますが、皮膚科や美容外科で処方してもらうことが出来ます。期待出来る効果はメラニンを作るメラノサイトという細胞の数を減少させることです。

メラニンを分泌する大元を根こそぎ除去するため、大幅にメラニンの量を減らすという仕組みです。予防だけでなく既に出来たメラニン色素の沈着にもアプローチします。メラニンは黒ずみだけでなく、シミやそばかすの原因でもあるため、顔に塗る用に処方しているクリニックもあります。

副作用は大丈夫?ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみケア

ハイドロキノンはシミや黒ずみに、高い効果が期待出来る手段ですが、副作用が懸念されています。デリケートゾーンの美白ケアとして使う場合は、しっかり副作用も理解した上で使うようにしましょう。

主に肌荒れや痛みと言った皮膚系の症状が起こることがあります。個人で使用するよりも、皮膚科や美容外科に行き医師に相談して使うことが大切です。特に肌の弱い敏感肌の方はなるべく使用を控えてください。

デリケートゾーンに塗り白い斑点が出来る恐れもあり気を付けなければなりません。ハイドロキノンを作るメラノサイトを減少させるため、メラニンが無くなった部分だけが色素が抜け、白い斑点模様のように見える場合があります。これを白斑と呼びます。

シミ対策としてハイドロキノンを使う場合もリスクがあります。メラニンには紫外線から肌を守る役割もあります。メラニンを除去するということは、肌は紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。メラニンをなくした肌に紫外線が当たると返ってシミが進行しやすくなるので、日焼け止めの利用が必要になりお手入れも大変になります。

このように、ハイドロキノンは皮膚系の副作用が出るため取り扱いが難しい成分です。

ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみケアしたい時は?

副作用が気になるけど、どうしてもハイドロキノンを使ってデリケートゾーンの黒ずみケアをしたい人はどうすれば良いのでしょうか。

そのような場合は、2%程の濃度の低いハイドロキノンを使うという方法もあります。濃度が濃すぎると肌への刺激も強くなるためです。

デリケートゾーンは他の部分よりも皮膚が薄く、名前の通りデリケートな部分です。特に日常的にも下着と摩擦するため、全体に成分が広がってしまい、粘膜に付着してしまう可能性があります。

使用する前にはパッチテストを行う、医師に相談して使う等、事前にリスクを避けて安心して使うこと大切です。