口コミ人気の石鹸を紹介!デリケートゾーンの黒ずみを自宅でケア

口コミチェックが鍵!デリケートゾーンの黒ずみ用の石鹸でケア

多くの女性を悩ますデリケートゾーンの悩みには、臭い、かゆみ、黒ずみがあります。場所が場所なだけに人にはなかなか言いづらい悩みでもあります。1人で悩みを抱え深刻に考えてしまう人いるのではないでしょうか。

どれだけ一生懸命洗っても毎日湯船につかっても、症状が治まらないこともあるでしょう。陰部の肌トラブルの原因は多々あり、間違った洗浄をしている場合も原因の1つです。

特に一般的なアルカリ性石鹸で洗っていると、必要な皮脂や常在菌まで落としてしまいかゆみ等のトラブルを起こしやすくなります。その理由は洗い過ぎで乾燥するからです。

デリケートゾーンの洗浄は専用の石鹸で、しっとり潤い成分を残しつつ洗うことが大事です。実際に販売されている商品は多いので、今回は口コミで人気の石鹸のみに絞って紹介していきます。

口コミナンバーワン!ジャムウハーバルソープ

女性の気になる悩みを解決するラブコスメは、ジャムウハーバルソープという石鹸が有名です。ジャムウはインドネシアのハーブを調合したもので古くから伝わる伝統法です。ジャムウ石鹸の先駆けともいえます。

シリーズ累計販売個数もかなり多く、デリケートゾーンの臭いや黒ずみケアノサポートをします。しっかり泡立てて、気になる部分に3分間泡パックをして洗い流すだけです。植物由来成分が入っているので、敏感肌の方も安心して使用出来ます。

“陰部の黒ずみやにおい対策のために購入することにしました。洗浄力が非常に優しく、肌がヒリヒリすることはありません。毎日の泡パックのおかげかトーンアップした気がします。一気に黒ずみケアは望めませんが、徐々に効果を期待出来る石鹸です。”

口コミでは低刺激であることがわかります。陰部に使うものなので、肌に負担がかかりにくいことは非常に重要なことです。

付属に泡立てネットが付いてくるので、しっかりモコモコの泡を使い惜しみなくパックをすると良いでしょう。石鹸によるケアは気長に取り組むことが大切です。

住谷杏奈さんプロデュース!アンボーテフェミニーナウォッシュ

アンボーテは話題沸騰のボディソープです。95%以上がオーガニック成分であるものだけが認められるCOSMOS基準をクリアしています。住谷杏奈さんがプロデュースし、原料にこだわって開発されました。

デリケートゾーンに欠かせない保湿ケアの要素追求し、水ではなくダマスクローズ水や花由来の成分を原料に作られています。肌を健やかに導く成分がたっぷり配合されています。

“バラと柑橘系の良い香りがします。しっとり潤うのがわかるから毎日のバスタイムが楽しみになりました。生理中のムレや臭いも気になりにくくなって良かったです。うちの祖母はちょっと匂いが若向けに感じると言っていました。私は気に入っています。”

使うだけでリッチな気分になれること間違いなしですね。香りに関しては個人差があるので、使ってみて判断してみましょう。

下着と食事を変えるだけ?デリケートゾーンの黒ずみ解消法の口コミ

日常生活でケア!デリケートゾーンの黒ずみ解消法の口コミ

クリニックでは塗り薬の処方やレーザーで黒ずみケアが望めます。自宅では石鹸や美白クリームを使って解消する方法がメインです。

一方で日常生活において出来るケア方法もあります。例えば普段着用している下着を見直すだけで黒ずみ予防に良いと言われています。また食生活の見直しも黒ずみ解消に効果的という情報もあるのが実情です。

しかし下着や食生活を変えるだけで、陰部の黒ずみを消すことは可能なのでしょうか。効果の有無は長期間試してみないとなかなかわかりませんので、実際の口コミをまとめて紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみを解消するために下着を変えた人の口コミ

下着の摩擦により陰部は黒ずみやすくなります。原因は摩擦刺激によって発生したメラニンという黒い色素です。

素材を合成繊維から綿やシルクに変えたり、適切なサイズを履くことで解消が望めます。下着を変える理由は、摩擦刺激を減らすためです。

“いつもヒラヒラの可愛いショーツを履いているのですが、ふとVラインを見たら真っ黒。せっかくの下着も台無しだなとショックを受けていたら、脱毛サロンのスタッフさんが、下着の見直しも大事と教えてくれました。

思い切って下着専門の通販で口コミを見て、素材もサイズも変えたら、薄くなって来たんです。でもまだまだ茶色っぽいし、正直綺麗になれるのか不安です。”

適切な下着を購入するなら、下着屋さんでスタッフの方と一緒に選ぶことをお勧めします。通販では試着は出来ませんが、店頭なら下着の上から等になりますが試着も可能です。プロのスタッフにも素材の通気性や、刺激の有無も聞きながら見つけると良いでしょう。

ずっと黒ずみが続くようなら、皮膚科に行く等、別の方法を試してみることもお勧めします。

食生活の見直しでデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法の口コミ

毎日食べる食事の栄養素を意識することで、デリケートゾーンの黒ずみ解消が期待出来ます。健康な肌作りには、タンパク質やビタミン、ミネラルはもちろんのこと、脂質、糖質等もバランスよく摂ることが大切です。

肌のターンオーバーをよくするために、こまめな水分補給も心がけるようにしましょう。

“あそこの黒ずみを治すには、バランスの良い食事が大事とネットに書いてあったので、チャレンジしてみることにしました。今までは忙しくてつい炭水化物だけと言った質素な食事でしたが、野菜と肉や魚をプラスするようにしました。

3ヶ月が経とうとしていますが、美白では無いけれどトーンが上がった感じがあります。顔のニキビも治まって来たので、このまま続けて行きたいです。”

デリケートゾーンの黒ずみを美白するのは、長い時間がかかります。食生活だけではスピードが遅い場合もあるため、美白クリームやレーザー治療を並行して行うとより効果が期待出来ます。

自分に合った方法を見つけて、黒ずみの悩みを解消していきましょう。

ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみケアの方法や注意点を紹介

ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみケアは出来るのか?

あそこの黒ずみケアの1つに、ハイドロキノンを使った方法があります。比較的有名な解消法の1つですが、知らないという方はどのような成分かチェックしてみてください。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」の別名を持つ程、強い美白力が望める成分です。欧米諸国では馴染みのある成分で、実際海外では多くの実績があります。

薬事法により国内では濃度制限がありますが、皮膚科や美容外科で処方してもらうことが出来ます。期待出来る効果はメラニンを作るメラノサイトという細胞の数を減少させることです。

メラニンを分泌する大元を根こそぎ除去するため、大幅にメラニンの量を減らすという仕組みです。予防だけでなく既に出来たメラニン色素の沈着にもアプローチします。メラニンは黒ずみだけでなく、シミやそばかすの原因でもあるため、顔に塗る用に処方しているクリニックもあります。

副作用は大丈夫?ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみケア

ハイドロキノンはシミや黒ずみに、高い効果が期待出来る手段ですが、副作用が懸念されています。デリケートゾーンの美白ケアとして使う場合は、しっかり副作用も理解した上で使うようにしましょう。

主に肌荒れや痛みと言った皮膚系の症状が起こることがあります。個人で使用するよりも、皮膚科や美容外科に行き医師に相談して使うことが大切です。特に肌の弱い敏感肌の方はなるべく使用を控えてください。

デリケートゾーンに塗り白い斑点が出来る恐れもあり気を付けなければなりません。ハイドロキノンを作るメラノサイトを減少させるため、メラニンが無くなった部分だけが色素が抜け、白い斑点模様のように見える場合があります。これを白斑と呼びます。

シミ対策としてハイドロキノンを使う場合もリスクがあります。メラニンには紫外線から肌を守る役割もあります。メラニンを除去するということは、肌は紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。メラニンをなくした肌に紫外線が当たると返ってシミが進行しやすくなるので、日焼け止めの利用が必要になりお手入れも大変になります。

このように、ハイドロキノンは皮膚系の副作用が出るため取り扱いが難しい成分です。

ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみケアしたい時は?

副作用が気になるけど、どうしてもハイドロキノンを使ってデリケートゾーンの黒ずみケアをしたい人はどうすれば良いのでしょうか。

そのような場合は、2%程の濃度の低いハイドロキノンを使うという方法もあります。濃度が濃すぎると肌への刺激も強くなるためです。

デリケートゾーンは他の部分よりも皮膚が薄く、名前の通りデリケートな部分です。特に日常的にも下着と摩擦するため、全体に成分が広がってしまい、粘膜に付着してしまう可能性があります。

使用する前にはパッチテストを行う、医師に相談して使う等、事前にリスクを避けて安心して使うこと大切です。

市販のクリームでデリケートゾーンの黒ずみケアをする方法

市販のケアクリームでデリケートゾーンの黒ずみ対策をするには?

スソワキガやかゆみだけでなく、黒ずみなど、デリケートゾーンの悩みはたくさんあります。デリケートゾーンが汚れているだけで、遊んでいると勘違いされてしまうこともあります。

大好きな彼に疑われるのは辛いものがあり、なかなか誤解を解くのは大変です。いつもアソコが黒いからどうしようと、ストレスや不安に感じるのも良くありません。辛い想いを少しでも減らすために出来ることは、デリケートゾーンの黒ずみの解消法を知っておくことです。

今回は市販で買える、デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームについて紹介します。専用のクリームを使う方法というのは、自宅ケアでもしっかり出来る対策の1つです。商品選びの際はポイントもいくつかあるので、しっかり覚えておくと良いでしょう。

市販のデリケートゾーンの黒ずみケアクリームを選ぶ際のポイント

市販のクリームには、医薬品、医薬部外品、化粧品等があります。中でも医薬部外品のクリームがオススメです。

理由は医薬品だと効果は高めでも副作用の心配があり、化粧品だと効果をしっかり実感出来ないこともあるからです。そして医薬部外品でも厚生労働省が認めた、美白有効成分が入ったものを選ぶようにしましょう。美白成分はメラニンに働き黒ずみ予防に欠かせない成分です。

他にも保湿や抗炎症作用が望める成分が入ったものを使うようにしましょう。肌の状態が整い外部刺激から守る働きが期待出来るからです。肌が丈夫になればターンオーバーも整います。

使う部分がデリケートな場所なので、低刺激なものを使うようにしましょう。添加物にも配慮されたクリームが多く販売されています。

実際に使ってみないと商品の良さはわかりません。お試し期間があるものだと、クリームで肌荒れしないか使いやすいかも知ることが出来ます。デリケートゾーンの黒ずみケアのクリームは、基本的に全額返金の保証期間があるので安心して使えます。

市販のデリケートゾーンの黒ずみ用クリームで総合ナンバーワンはイビサクリーム

数多くある陰部の黒ずみケアクリームの中でも、医薬部外品のイビサクリームがオススメです。厚生労働省が認めている美白成分のトラネキサム酸配合だから、メラニンを初期段階で抑制することが望めます。

抗炎症作用のグリチルリチン酸2Kや多くの保湿成分配合で、強く健やかな肌作りにも最適です。敏感肌の人向けに開発されており、お肌に負担がかかる成分もゼロです。添加物や製造の管理も徹底されています。

市販のクリームの選び方でも紹介したポイントをしっかり押さえているので、イビサクリームはオススメです。見た目もまるで美容液のように見えるので彼氏や家族に知られることなく自宅でケア出来ます。全額返金保証もありお試し出来る所も良心的です。

黒ずみはひどくなる前にケアすることが重要になります。早めの対策で快適な毎日を過ごしましょう。