口コミ人気の石鹸を紹介!デリケートゾーンの黒ずみを自宅でケア

口コミチェックが鍵!デリケートゾーンの黒ずみ用の石鹸でケア

多くの女性を悩ますデリケートゾーンの悩みには、臭い、かゆみ、黒ずみがあります。場所が場所なだけに人にはなかなか言いづらい悩みでもあります。1人で悩みを抱え深刻に考えてしまう人いるのではないでしょうか。

どれだけ一生懸命洗っても毎日湯船につかっても、症状が治まらないこともあるでしょう。陰部の肌トラブルの原因は多々あり、間違った洗浄をしている場合も原因の1つです。

特に一般的なアルカリ性石鹸で洗っていると、必要な皮脂や常在菌まで落としてしまいかゆみ等のトラブルを起こしやすくなります。その理由は洗い過ぎで乾燥するからです。

デリケートゾーンの洗浄は専用の石鹸で、しっとり潤い成分を残しつつ洗うことが大事です。実際に販売されている商品は多いので、今回は口コミで人気の石鹸のみに絞って紹介していきます。

口コミナンバーワン!ジャムウハーバルソープ

女性の気になる悩みを解決するラブコスメは、ジャムウハーバルソープという石鹸が有名です。ジャムウはインドネシアのハーブを調合したもので古くから伝わる伝統法です。ジャムウ石鹸の先駆けともいえます。

シリーズ累計販売個数もかなり多く、デリケートゾーンの臭いや黒ずみケアノサポートをします。しっかり泡立てて、気になる部分に3分間泡パックをして洗い流すだけです。植物由来成分が入っているので、敏感肌の方も安心して使用出来ます。

“陰部の黒ずみやにおい対策のために購入することにしました。洗浄力が非常に優しく、肌がヒリヒリすることはありません。毎日の泡パックのおかげかトーンアップした気がします。一気に黒ずみケアは望めませんが、徐々に効果を期待出来る石鹸です。”

口コミでは低刺激であることがわかります。陰部に使うものなので、肌に負担がかかりにくいことは非常に重要なことです。

付属に泡立てネットが付いてくるので、しっかりモコモコの泡を使い惜しみなくパックをすると良いでしょう。石鹸によるケアは気長に取り組むことが大切です。

住谷杏奈さんプロデュース!アンボーテフェミニーナウォッシュ

アンボーテは話題沸騰のボディソープです。95%以上がオーガニック成分であるものだけが認められるCOSMOS基準をクリアしています。住谷杏奈さんがプロデュースし、原料にこだわって開発されました。

デリケートゾーンに欠かせない保湿ケアの要素追求し、水ではなくダマスクローズ水や花由来の成分を原料に作られています。肌を健やかに導く成分がたっぷり配合されています。

“バラと柑橘系の良い香りがします。しっとり潤うのがわかるから毎日のバスタイムが楽しみになりました。生理中のムレや臭いも気になりにくくなって良かったです。うちの祖母はちょっと匂いが若向けに感じると言っていました。私は気に入っています。”

使うだけでリッチな気分になれること間違いなしですね。香りに関しては個人差があるので、使ってみて判断してみましょう。

下着と食事を変えるだけ?デリケートゾーンの黒ずみ解消法の口コミ

日常生活でケア!デリケートゾーンの黒ずみ解消法の口コミ

クリニックでは塗り薬の処方やレーザーで黒ずみケアが望めます。自宅では石鹸や美白クリームを使って解消する方法がメインです。

一方で日常生活において出来るケア方法もあります。例えば普段着用している下着を見直すだけで黒ずみ予防に良いと言われています。また食生活の見直しも黒ずみ解消に効果的という情報もあるのが実情です。

しかし下着や食生活を変えるだけで、陰部の黒ずみを消すことは可能なのでしょうか。効果の有無は長期間試してみないとなかなかわかりませんので、実際の口コミをまとめて紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみを解消するために下着を変えた人の口コミ

下着の摩擦により陰部は黒ずみやすくなります。原因は摩擦刺激によって発生したメラニンという黒い色素です。

素材を合成繊維から綿やシルクに変えたり、適切なサイズを履くことで解消が望めます。下着を変える理由は、摩擦刺激を減らすためです。

“いつもヒラヒラの可愛いショーツを履いているのですが、ふとVラインを見たら真っ黒。せっかくの下着も台無しだなとショックを受けていたら、脱毛サロンのスタッフさんが、下着の見直しも大事と教えてくれました。

思い切って下着専門の通販で口コミを見て、素材もサイズも変えたら、薄くなって来たんです。でもまだまだ茶色っぽいし、正直綺麗になれるのか不安です。”

適切な下着を購入するなら、下着屋さんでスタッフの方と一緒に選ぶことをお勧めします。通販では試着は出来ませんが、店頭なら下着の上から等になりますが試着も可能です。プロのスタッフにも素材の通気性や、刺激の有無も聞きながら見つけると良いでしょう。

ずっと黒ずみが続くようなら、皮膚科に行く等、別の方法を試してみることもお勧めします。

食生活の見直しでデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法の口コミ

毎日食べる食事の栄養素を意識することで、デリケートゾーンの黒ずみ解消が期待出来ます。健康な肌作りには、タンパク質やビタミン、ミネラルはもちろんのこと、脂質、糖質等もバランスよく摂ることが大切です。

肌のターンオーバーをよくするために、こまめな水分補給も心がけるようにしましょう。

“あそこの黒ずみを治すには、バランスの良い食事が大事とネットに書いてあったので、チャレンジしてみることにしました。今までは忙しくてつい炭水化物だけと言った質素な食事でしたが、野菜と肉や魚をプラスするようにしました。

3ヶ月が経とうとしていますが、美白では無いけれどトーンが上がった感じがあります。顔のニキビも治まって来たので、このまま続けて行きたいです。”

デリケートゾーンの黒ずみを美白するのは、長い時間がかかります。食生活だけではスピードが遅い場合もあるため、美白クリームやレーザー治療を並行して行うとより効果が期待出来ます。

自分に合った方法を見つけて、黒ずみの悩みを解消していきましょう。

美白出来るのか口コミでチェック!デリケートゾーンの黒ずみを美白する方法の真実

口コミで発見したデリケートゾーンの黒ずみ美白への苦労

インターネットの口コミを読んでいると、かなり多くの女性が陰部の黒ずみで悩んでいることがわかります。お金や時間をかけても治らなかったという人もいます。

デリケートな問題だけに、友人にも話せず1人で抱え込むことになりかねません。下着や食生活に気をつかい地道にケアした結果効果が感じられず、美容外科に通いレーザーを受けることもあります。

デリケートゾーンを綺麗な状態にするには、焦りは禁物です。加齢に伴いターンオーバーが滞っている人は尚更時間がかかります。ただでさえ皮膚が薄くちょっとした摩擦で黒ずみやすい所なだけに、日々の生活を改善するだけでは即効美白することは難しいものがあります。

しかし口コミの中には美容クリームとの相性が良く、数ヶ月で変化を感じた人もいます。理想の状態までなったという声もありました。

美白に成功している人の傾向は、下着や食事に気をつかいつつデリケートゾーンの黒ずみ専用の美白クリームを使っているということです。

チェックしよう!口コミで話題のデリケートゾーンの黒ずみ美白クリーム

デリケートゾーンの黒ずみに特化した商品は、思っていた以上に数があり、インターネット購入が主流です。インターネットでは、専用の美白クリームに関する口コミサイトが多くあります。ランキングにしてまとめて紹介しているケースもあります。

ランキングサイト等で、よく1位になっているのが「イビサクリーム」です。デリケートゾーンの黒ずみケアの口コミ内容も、評判が高い美白クリームの1つです。

特徴は薬用美白成分トラネキサム酸を中心に、美肌に良い成分がふんだんに配合されています。アンダーヘアの脱毛サロンから製造販売されているため、本格的なケアが期待出来る所も大きなポイントです。

「ホワイトラグジュアリープレミアム」も上位にランクインしています。ヒアルロン酸やプラセンタを初めとする潤い成分や美白成分をたっぷり含んでいるクリームです。陰部の黒ずみに効果があったという口コミが広がったころで人気が出ました。

「アットベリー」はオリゴヒアルロン酸や浸透性コラーゲン等の美容成分がナノ化され、ジェルタイプになっています。肌の奥深くに成分を届きやすく、1本で化粧水からクリームまでの役割が望めるオールインワンジェルです。

なぜデリケートゾーンの黒ずみを美白するには口コミチェックが重要なのか?

よくコスメ等を選ぶ時は口コミを大事にするようにとありますが、実際に使った人の意見を参考にすることは非常に大事なことです。デリケートゾーンは外部刺激に敏感な所だけあるので、ヒリヒリしないか等も事前に確認すべきだからです。

他にも美白クリームを選ぶべき基準は人によって異なります。テクスチャーはどうかもチェックしておくと良いでしょう。さらさらしている物が良いのか、こってりしている物が良いのか好みが分かれるからです。

効果の実感に関しても確認しておきましょう。使ってみて何日目で効果が出やすいかも参考になるからです。口コミを見る時は、使用感と効果の実感の2点は最低チェックしておくことが大切です。

本当の効果がわかる!?デリケートゾーンの黒ずみケアの口コミに関する情報

口コミで人気のクリニックのデリケートゾーンの黒ずみ解消コスメ

従来のクリニックで処方される陰部の黒ずみケアクリームと言えば、ハイドロキノンとトレチノインの2種類を別々に使用するという物でした。

最近ではハイドロキノンとトレチノイン両方入った商品が、口コミでも評判です。わざわざ2つも塗らなくて良いので短時間でお手入れ出来、高い美白効果が望めます。スティック状になっているので、手を汚さずに直接気になる所に塗ることが出来ます。

ハイドロキノンは皮膚の漂泊効果が高く、顔のシミから陰部の黒ずみまで幅広く使われています。メラニンの生成を抑制し、個人差はあるものの約半年~約1年で美白効果を実感可能です。メラニンを抜いてしまうので、日焼けによるダメージを受けやすく、日焼け止めは必須です。

トレチノインはターンオーバーを促進し、すでに出来たメラニンを排泄することが望めます。赤み等の副作用もあり肌への刺激が強いので、医師の診察のもと処方してもらい、使うようにしましょう。

市販で買えるデリケートゾーンの黒ずみ解消商品は口コミをチェック

皮膚科や美容外科に通うことが困難な人は、自宅で陰部の黒ずみケアが多いです。市販の美白クリームを選ぶ際、インターネットの口コミサイトで調べてから購入する人もいます。

想像以上にデリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームは多く販売されており、1つに決めかねている人は口コミで選ぶことは重要です。ある程度候補は決まっても、希望の条件が細かく出てくることもあります。

例えば海外製の物か、日本製の物では違いがあるのか等でも悩んでしまいます。使い心地はどうか、使った時にヒリヒリしないか、1つ気になりだしたらきりがありません。本当は全部試供したいけど、全部使うのはお金と労力がかかり出来ません。

実際に使った人の口コミをもとに、どのようなクリームなのか想像しつつ購入する物を絞って行く方法がお勧めです。

トータル口コミで評判のデリケートゾーンの黒ずみ解消商品は?

クリニックや自宅では美白クリームを使って、デリケートゾーンの黒ずみ解消が望めるというお話をしました。クリニックと市販の両方には、多くのデリケートゾーンの黒ずみケアクリームが売られています。

トータル口コミで人気がある商品は、イビサクリームです。

「とてもコンパクトサイズだから、ポーチに入れていつでも持ち運べる」「サラッとしていて少量で伸びが良い。思った以上にクリームが無くならない。」等、使い勝手の良さも好評です。

トラネキサム酸と言ってメラニンが出来る初期段階にアプローチするため、しつこい黒ずみを作りにくくしたい方にも最適です。個人差はありますが1つ使い終わる頃には、変化を実感している人も多くいます。

下着は毎日着るものです。せっかく可愛い下着を買っても、デリケートゾーンが黒いとブルーな気分になってしまいます。そうならないためにも、口コミで評判のクリームを見つけて、効率的に解消していくことが大切です。

ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみケアの方法や注意点を紹介

ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみケアは出来るのか?

あそこの黒ずみケアの1つに、ハイドロキノンを使った方法があります。比較的有名な解消法の1つですが、知らないという方はどのような成分かチェックしてみてください。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」の別名を持つ程、強い美白力が望める成分です。欧米諸国では馴染みのある成分で、実際海外では多くの実績があります。

薬事法により国内では濃度制限がありますが、皮膚科や美容外科で処方してもらうことが出来ます。期待出来る効果はメラニンを作るメラノサイトという細胞の数を減少させることです。

メラニンを分泌する大元を根こそぎ除去するため、大幅にメラニンの量を減らすという仕組みです。予防だけでなく既に出来たメラニン色素の沈着にもアプローチします。メラニンは黒ずみだけでなく、シミやそばかすの原因でもあるため、顔に塗る用に処方しているクリニックもあります。

副作用は大丈夫?ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみケア

ハイドロキノンはシミや黒ずみに、高い効果が期待出来る手段ですが、副作用が懸念されています。デリケートゾーンの美白ケアとして使う場合は、しっかり副作用も理解した上で使うようにしましょう。

主に肌荒れや痛みと言った皮膚系の症状が起こることがあります。個人で使用するよりも、皮膚科や美容外科に行き医師に相談して使うことが大切です。特に肌の弱い敏感肌の方はなるべく使用を控えてください。

デリケートゾーンに塗り白い斑点が出来る恐れもあり気を付けなければなりません。ハイドロキノンを作るメラノサイトを減少させるため、メラニンが無くなった部分だけが色素が抜け、白い斑点模様のように見える場合があります。これを白斑と呼びます。

シミ対策としてハイドロキノンを使う場合もリスクがあります。メラニンには紫外線から肌を守る役割もあります。メラニンを除去するということは、肌は紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。メラニンをなくした肌に紫外線が当たると返ってシミが進行しやすくなるので、日焼け止めの利用が必要になりお手入れも大変になります。

このように、ハイドロキノンは皮膚系の副作用が出るため取り扱いが難しい成分です。

ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみケアしたい時は?

副作用が気になるけど、どうしてもハイドロキノンを使ってデリケートゾーンの黒ずみケアをしたい人はどうすれば良いのでしょうか。

そのような場合は、2%程の濃度の低いハイドロキノンを使うという方法もあります。濃度が濃すぎると肌への刺激も強くなるためです。

デリケートゾーンは他の部分よりも皮膚が薄く、名前の通りデリケートな部分です。特に日常的にも下着と摩擦するため、全体に成分が広がってしまい、粘膜に付着してしまう可能性があります。

使用する前にはパッチテストを行う、医師に相談して使う等、事前にリスクを避けて安心して使うこと大切です。

万能だからどこでも使える!?デリケートゾーンの黒ずみにニベア

ニベアの青缶でデリケートゾーンの黒ずみケアは出来るのか?

インターネットのSNSでは、ビキニラインの黒ずみにはニベアの青缶が効くと話題になっています。ニベアは体の保湿メインのクリームですが、顔や髪にも使えることが口コミで広がり万能であることが多くの人に知れ渡りました。

しかし結論から言うと、デリケートゾーンの黒ずみを美白することは出来ません。なぜ万能であるニベアだけでは、美白することが出来ないのでしょうか。ニベアで美白出来ない理由や、実際に陰部の黒ずみに塗った人の口コミを見ていきましょう。

なぜ?ニベアでデリケートゾーンの黒ずみケアが出来ないの?

配合成分は、主にミネラルオイル、スクワラン、ホホバオイル等です。保湿成分がメインで油脂系が多く入っているため浸透しにくいのが特徴です。

スクワランは品質が良く高級化粧水にも入っている成分ですが、やはりオイルなので肌の中まで届きにくい所がネックです。したがって乾燥から来る黒ずみにはなかなか太刀打ちしにくいと言えます。

メラニンに働きかける美白成分が入っていないので、ニベアだけでデリケートゾーンの黒ずみケアをすることは難しいでしょう。ちなみにデリケートゾーンの黒ずみは、下着等の摩擦によって発生するメラニンが溜ることで起こります。

成分表示を見る限り美白成分らしき物も含まれていません。本来保湿メインのクリームなので、美白効果を期待するのも少し無理があります。

確かにニベアはコクのある白濁クリームのため、分厚く塗れば肌の表面はしばらく白くなりますが、根本的な美白をして解決しているわけではありません。

実際にニベアをデリケートゾーンの黒ずみに使った人の口コミ

デリケートゾーンの黒ずみにニベアを塗った人の口コミがあります。果たして本当にニベアは美白ケア向きではないのでしょうか。口コミからも確認していきましょう。

“アソコの黒ずみに塗った感想は正直微妙です。肌の潤いを実感出来たものの、黒ずみを治すことは出来ませんでした。”

保湿の面では評価されていますが、美白面が弱いことがわかります。保湿が出来るという点で遠回りになりますが、間接的な黒ずみケアは望めると言えます。

理由は保湿によって肌のターンオーバーが整い、黒ずみを排泄する効果が期待出来るからです。肌の古い角質を剥がすターンオーバーは、保湿が行き届いた健やかな肌で促進されやすくなります。

“こってり系のクリームのためムレてしまいました。ニキビが出来たり痒くなったりします。今はハンドクリームだけにニベアを使っています。”

デリケートゾーンは体の中でも特に皮膚が薄く、肌トラブルを起こしやすいのが特徴です。特にオイル系のクリームだと、皮脂が多くなりニキビが出ることもあります。

ニベアは一般的な肌ケアには万能ですが、もともとデリケートゾーン向けに作られていないので使用するのをお勧め出来ません。どれだけ口コミが良い商品でも、正しい使い方をすることが大切です。

どこに売っているのか?デリケートゾーンの黒ずみ美白クリームの特徴

どこで買う?デリケートゾーンの黒ずみケア専用の美白クリーム

「忙しくてわざわざエステやクリニックに通えない」、「クリニックには行けるけどレーザー治療をする勇気が無い」出来れば自宅で陰部の黒ずみを治したい方は多いのではないでしょうか。

そこで便利なのがクリームを塗りながら色素を薄くする方法です。最近は脱毛ブームに伴い、デリケートゾーンの黒ずみが目立つようになったという悩みは増加傾向にあります。ニーズの高まりに合わせ、デリケートゾーンに塗られるクリームも多くなりました。

商品によって特徴も異なるため、使用した時の相性もそれぞれ変わります。大きく3つのポイントに分けて紹介します。主に購入する場所で美白クリームの特徴も変わってきます。

薬局で買える美白クリームでデリケートゾーンの黒ずみケアクリーム

薬局やドラッグストアで販売されているクリームがあります。臭いケアを専門とするものが多いです。確かに陰部の黒ずみと同じくらい、臭いも気になるものです。

デリケートゾーンの黒ずみに直接働くような商品は少ないです。唯一効果が望める物を挙げるとすると、保湿成分が入った陰部専用クリームになります。保湿をすることで肌のターンオーバーが動きやすくなり、黒ずみの排泄も望めるからです。

つまり薬局で売られているクリームは、保湿ケアによって間接的なケアが期待出来るということになります。

通販で販売しているデリケートゾーンの黒ずみケアクリーム

またインターネット通販で購入することも可能です。

デリケートゾーンの黒ずみケアの商品を買っている所はあまり見られたくないものです。そのため対面販売が恥ずかしい人は、通販をよく利用されます。

通販で売っているクリームは、薬局で売られている物より積極的に黒ずみにアプローチ出来ます。厚生労働省が認めた美白成分が入った物や添加物フリーの物等、まさにデリケートゾーンの黒ずみケアをピンポイントに解消しようという商品が多いです。

サロン等と提携しているようなクリームもあり、店頭販売の商品よりも一歩踏み込んだ美白ケアが望めます。通販のクリームは店頭で試供することが出来ません。しかし初回に限り返金保証がついている商品が多く、万が一お肌に合わなかったらという不安もありません。

デリケートゾーンの黒ずみケア用の美白クリームはクリニックでもらえる

皮膚科や美容外科のような、クリニックには医師がいるため医薬品の処方をしてもらうことが可能です。

塗り薬による治療を選んだ場合は、デリケートゾーンの黒ずみケア用のハイドロキノンやトレチノインを処方されます。医師がいるため黒ずみの濃さに応じた濃度の、ハイドロキノンを使うことが出来ます。

ハイドロキノンは高い美白力がある反面、高濃度の物は副作用が懸念されています。トレチノインはハイドロキノンの浸透をよくするための薬です。いずれも敏感肌の人には刺激が強いこともあるので、使ってみてかぶれや赤みが出た場合は医師に相談をしてください。

いずれのクリームも正しく使い、安全にデリケートゾーンの黒ずみケアをしていきましょう。

市販のクリームでデリケートゾーンの黒ずみケアをする方法

市販のケアクリームでデリケートゾーンの黒ずみ対策をするには?

スソワキガやかゆみだけでなく、黒ずみなど、デリケートゾーンの悩みはたくさんあります。デリケートゾーンが汚れているだけで、遊んでいると勘違いされてしまうこともあります。

大好きな彼に疑われるのは辛いものがあり、なかなか誤解を解くのは大変です。いつもアソコが黒いからどうしようと、ストレスや不安に感じるのも良くありません。辛い想いを少しでも減らすために出来ることは、デリケートゾーンの黒ずみの解消法を知っておくことです。

今回は市販で買える、デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームについて紹介します。専用のクリームを使う方法というのは、自宅ケアでもしっかり出来る対策の1つです。商品選びの際はポイントもいくつかあるので、しっかり覚えておくと良いでしょう。

市販のデリケートゾーンの黒ずみケアクリームを選ぶ際のポイント

市販のクリームには、医薬品、医薬部外品、化粧品等があります。中でも医薬部外品のクリームがオススメです。

理由は医薬品だと効果は高めでも副作用の心配があり、化粧品だと効果をしっかり実感出来ないこともあるからです。そして医薬部外品でも厚生労働省が認めた、美白有効成分が入ったものを選ぶようにしましょう。美白成分はメラニンに働き黒ずみ予防に欠かせない成分です。

他にも保湿や抗炎症作用が望める成分が入ったものを使うようにしましょう。肌の状態が整い外部刺激から守る働きが期待出来るからです。肌が丈夫になればターンオーバーも整います。

使う部分がデリケートな場所なので、低刺激なものを使うようにしましょう。添加物にも配慮されたクリームが多く販売されています。

実際に使ってみないと商品の良さはわかりません。お試し期間があるものだと、クリームで肌荒れしないか使いやすいかも知ることが出来ます。デリケートゾーンの黒ずみケアのクリームは、基本的に全額返金の保証期間があるので安心して使えます。

市販のデリケートゾーンの黒ずみ用クリームで総合ナンバーワンはイビサクリーム

数多くある陰部の黒ずみケアクリームの中でも、医薬部外品のイビサクリームがオススメです。厚生労働省が認めている美白成分のトラネキサム酸配合だから、メラニンを初期段階で抑制することが望めます。

抗炎症作用のグリチルリチン酸2Kや多くの保湿成分配合で、強く健やかな肌作りにも最適です。敏感肌の人向けに開発されており、お肌に負担がかかる成分もゼロです。添加物や製造の管理も徹底されています。

市販のクリームの選び方でも紹介したポイントをしっかり押さえているので、イビサクリームはオススメです。見た目もまるで美容液のように見えるので彼氏や家族に知られることなく自宅でケア出来ます。全額返金保証もありお試し出来る所も良心的です。

黒ずみはひどくなる前にケアすることが重要になります。早めの対策で快適な毎日を過ごしましょう。

自宅で行うデリケートゾーンの黒ずみケア専用クリームについての解説

デリケートゾーンの黒ずみをケアするクリームとは

気になる陰部の黒ずみをケアする方法にはたくさんありますが、自宅で行う方法の1つに専用のクリームを使う方法があります。陰部の皮膚は他の部分よりも薄く、保湿力が高くありません。

そのためクリームを塗ってケアすることが大切です。陰部は皮脂や水分を保つ力が弱いので、化粧水は不要です。クリームや美容液タイプを使うだけで十分にケアが出来ます。

デリケートゾーンの黒ずみケアでよく、顔用の基礎化粧品を使う人がいますがそれは間違いです。デリケートゾーンには専用のクリームを使うようにしてください。顔用の物はアルコール等も入っており、刺激が強すぎるからです。

陰部用のクリームには保湿や美白が望める成分が入っています。中には抗炎症作用のある成分配合の物もあります。肌に負担をかけないよう添加物の配合にも配慮した商品が多いのが特徴です。

デリケートゾーンの黒ずみケアのクリームは、出来るだけ専用のものを使うようにしてください。

どうやって使うの?デリケートゾーンの黒ずみケアクリームの使用方法

基本的には朝晩1回ずつ使用する物が多いです。使用目安量は商品により異なるので説明書通り使用してください。

使い方はとても簡単で、デリケートゾーンに優しく馴染ませます。Vラインのように特に色素沈着が濃い部分には重ね塗りをしても良いでしょう。肌は摩擦刺激により黒ずみやすくなるため、強く塗らないことがポイントです。

お風呂上りやシャワーをした後、しっかり水分を拭き取ってから塗ることをお勧めします。お湯で皮膚が柔らかくなり成分の入りの良さを実感しやすいからです。

さらさらしていて馴染みやすいクリームを買うと使いやすいです。理由は朝の出勤前でも何度も手を洗わなくて良いので使いやすいからです。また夏や梅雨のような多湿の時期でも下着の中で蒸れにくく、快適に過ごすことも出来るからです。

クリームでデリケートゾーンの黒ずみ解消するまでの期間

実際にデリケートゾーンの黒ずみケア専用のクリームで解消しようとしたら、どれくらいの期間がかかるのでしょうか。気になる方も多いと思うので解説します。

黒ずみの濃さや商品との相性にもよるため一概に言えません。最低でも28日以上使用すれば変化を実感出来るでしょう。完全に美白出来る期間ではなく変化したと感じ始める時期です。

なぜ最低28日かというと理由は、20代前半の人の肌のターンオーバーが28日だからです。加齢に伴いターンオーバー周期はどんどん長くなります。そのため30代の方がクリームを使用して変化が現れるまではもう少し長いと思ってください。

解消までのトータル期間はどれくらいかと言うと、デリケートゾーンの黒ずみケアで定評のある商品だと、口コミでは3ヶ月で綺麗になったという人もいます。購入したクリームとの相性が悪かった場合は、1年経っても治らない人もいます。

大切なことは口コミのような実際に使った人の感想等を参考にして、ご自身にぴったりの商品を見つけることです。そうすれば比較的早くデリケートゾーンの黒ずみの改善が望めること間違いなしです。

3つの原因と解消法を教えます!デリケートゾーンの黒ずみのケア

なぜ起こる?デリケートゾーンの黒ずみの原因

あなたのデリケートゾーンの黒ずみは、何が原因で起こっているのか知っていますか?原因がわかればおのずと解消法も見えてくるでしょう。そこで3つの陰部の黒ずみにおける原因を紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみの原因で多いのが、摩擦によるものです。陰部は特に皮膚が薄いため、アンダーヘアをカミソリで何度も手入れしたり、サロンでフラッシュ脱毛をすると刺激を与えメラニンを生成しやすくなります。

メラニンは肌を守るために発生しますが、黒い色素なので蓄積されると黒ずんで見えてしまうのです。生理用ナプキンやトイレットペーパー、股ずれ等、生活の中で摩擦を起こしやすい要因はたくさんあります。

また圧迫刺激もよくありません。サイズの小さい下着の着用や、スキニージーンズ等によって圧迫を受けやすくなります。座位の姿勢が多い人は圧迫されやすく黒ずみやすいです。

3つ目はホルモンバランスの乱れによるものです。生活リズムが崩れているとストレスを感じホルモンバランスを崩しやすくなります。ホルモンバランスの乱れは、ターンオーバーを遅らす原因になるため黒ずみが解消されにくくなってしまいます。

デリケートゾーンを美白する方法は大きく3種類

3つの原因があることがわかりました。あなたはどの原因により黒ずみが起こっているかわかりましたか?もし原因がわかっていれば、解消法が絞られ効率的にケア出来ます。それぞれの原因を解消する方法を紹介するので参考にしてください。

まず摩擦による場合は脱毛が主な要因となります。アンダーのムダ毛のお手入れを諦めるわけにもいきませんので、脱毛をした後しっかり保湿をすることが大切です。

デリケートゾーン専用の保湿剤を塗ってアフターケアを行いましょう。美白成分が入ったような物を使用すると、黒ずみ予防も出来るのでお勧めです。

次に下着や衣類による圧迫が要因の場合です。この場合は下着屋に行き正しいサイズの下着を買いなおしてください。基本は綿やシルクがお勧めです。店員さんに通気性や肌触りの良い物を聞いてみると良いでしょう。

3つ目のホルモンバランスはなかなかすぐには整いにくいですが、日頃の生活を少し意識することから始めてみましょう。いつも食べない食材をプラスしてバランスよく食べる、1駅歩くでも変わってきます。いきなり全ての生活を変えるのは大変なので少しずつ出来ることから、チャレンジしてみましょう。

専用の美白クリームとは?デリケートゾーンのケアにオススメ

3つの原因でも摩擦によって、デリケートゾーン黒ずみやすくなることが多いです。先ほどもお話ししましたが、摩擦刺激には美白成分の入った専用の保湿剤を使った方法がお勧めです。もちろん圧迫、生活習慣の乱れによって起こる黒ずみにも使えます。

よくデリケートゾーンの黒ずみを解消する美白クリームとしても、インターネットの特集で紹介され今人気を集めています。美白クリームの良さを一言で表すとすると、「自宅でも簡単に本格ケアが期待出来るクリーム」です。

本格的なケアと言えばクリニックに行き、レーザー治療を受けたり、医薬品を塗ったりするような方法を思い浮かべる人が多いです。しかしわざわざ通院しなくても、高い効果を望めるのが美白クリームを使った方法です。

デリケートゾーンの黒ずみケアに特化した商品も、最近では多く販売されるようになりました。以前よりもアンダーゾーンに気をつかう習慣が国内でも浸透してきたからです。だから自分に合った商品を見つけて、ストレスなく使用することも出来ます。

成分内容、テクスチャー等もクリームにより異なるため、選ぶときは口コミを参考にして自分にぴったりの商品を見つけてみましょう。